【iPad】Keynoteを使ってコラージュ画像を作る方法

アイキャッチ【Keynoteを使ってコラージュ画像を作る方法】 Digital

Apple純正アプリ【Keynote】でコラージュ画像を作成する方法を紹介していきます。

皆さん、Keynote使っていますか?

Appleのデバイスをお持ちなら見たことあるはずのコレです。

iPadホーム画面 keynote

Keynoteはプレゼンテーションアプリですが、コラージュ画像が結構簡単に作成できるのです!

今回、メインはiPadmini&ApplePencilでの作成ですが、iPodTouch&指&スタイラスペンでも作成してみたので比較していこう思います。

テーマと使用する写真の選択

それではKeynooteアプリを開いてテーマを選択していきます。今回はコラージュ画像作成なので、シンプルに左上のブラックかホワイトを選択します。

Keynoteテーマ

そして今回使用する画像はスカイツリーと猫です。

スカイツリー
床で寝転ぶ猫

この2枚でスカイツリーと猫の融合コラージュを作成してみます。

まずはiPadminiで作成していきます。

ちなみに画像はiPadならslideOverで写真を出して、ドラッグ&ドロップを使って指で持ってくると簡単です。

iPadminiドラッグ&ドロップ

インスタントアルファで背景を消していく

まずはスカイツリーから処理していきます。

ブラシマークのイメージからインスタントアルファという項目を選択します。

インスタントアルファは画像の不要な部分を消してくれる便利な機能です。

Keynoteインスタントアルファ

ここからApplePencilが大活躍です!

手でもいいんですけど、細かいところが結構あるのでペンの方が断然仕上がりがキレイです。

このように画面にペンを当てて背景を消していきます。(ペンを当てながら撮影したので雑な画像ですみません。)

ApplePencilで背景塗りつぶしていく様子

ペンを離すと下の画像のような、塗りつぶした感じになります。

色で塗りつぶす箇所を選択しているようなので違う色は基本的には省かれるのですが、パーセンテージによってどんどん塗りつぶし箇所が広がっていくので、自分で調整しながら塗りつぶします。

スカイツリーの背景を塗りつぶしていく様子

スカイツリーと街並みを塗ってしまわないように、この作業を数回繰り返していきます。

背景がほぼ黒くなりましたが、塗りそびれた箇所があるのでズーム拡大して塗りつぶします。

こういう細かい作業でApplePencilが大活躍ですよ~!

インスタントアルファで塗りそびれた箇所

ズーム。ツリーのサイドとか細かいところが塗れていなかったりするので、隅々までチェック。

インスタントアルファ細かい箇所チェック

そして塗りつぶし完了!背景が真っ黒になりました。

インスタントアルファ塗りつぶし完了

画面下のバー終了を押せば背景塗りつぶし完了です。

やり直したい場合はリセットを押します。何度かスカイツリーを塗りつぶしてしまい、リセットを繰り返しました。笑

背景色を選択していく

背景色を選択していきます。

Keynote背景色選択

ブラシマークから背景を選び、今回は白にしていきます。

Keynote背景白を選択

色は好きな色選んで大丈夫です。派手な色でもグラデーションでもお好きな色で!

別の画像も同様にインスタントアルファで背景を消す

それではもう1枚の猫の画像もインスタントアルファで背景を消していきます。

またしてもペンを置いて、離しての作業を繰り返します。

床に寝転ぶ猫の背景を塗りつぶしていく様子

猫のように境界線が曖昧な画像にはインスタントアルファは少し難しいです。クッキリした画像の方が塗りやすい。

ちょっとカクカクしているけど、背景塗りつぶし完了です。(あ、下のところちょっとだけ塗れてなかった。)

床に寝転ぶ猫の背景塗りつぶし完了

2枚の画像を融合させる

それぞれの画像の背景を消すと、このようにスカイツリーと猫が同じ画面に表示されます。

2枚の画像融合していく様子

それでは猫を動かしていきます。

角度調整が微妙に難しいのですが、画像を選んで日本指で角度を動かせます。指の位置によっては動かなかったりするので、何度かチャレンジしてみてください。

Keynote画像角度調整

そして猫が君臨する場所へ位置を調整。こちらは指1本で動かしていきます。

Keynote画像位置調整

猫がスカイツリーの前にいるので後ろに行くように配置を変えます。

ブラシマークの配置から後ろに移動(右側)にバーをスライドさせます。そうすると猫が後ろに行きました!

Keynote配置移動

猫の大きさを調整していきます。画像を選択すると小さな〇が出てくるのでそこに指1本当てて引き延ばせば調整できます。

Keynote画像大きさ調整

なんとも直感的に作業が進むKeynoteです。

こうしてスカイツリーの後ろに猫を大きくして配置できました。

細かいところを修正

このスカイツリーは窓越しに撮影したものなので、窓の反射がやや気になります。

マークアップでクレヨンを選択して修正してみました。

左下の木の部分、反射してるのが分かると思います。

Keynoteマークアップ使用

気にならなくなる程度にテキトーに色を乗っけていきます。超テキトーです。

塗り塗り。

木を塗る様子

コラージュ画像完成

なんの意味もありませんが、うちの猫がスカイツリーに君臨するコラージュ画像が出来上がりました。

なにこれw

猫とスカイツリーのコラージュ画像

背景が白いので粗が目立たないというのもあるのですが、デフォルトのアプリでこれだけ出来るんです!

iPodTouchでも作成してみた

本当はiPhoneで作ってみたかったのですが、私の手持ちの機種がiPodTouchなためiPodTouchで実験。(むしろiPodTouchの方が小さいのでやりにくいはず。)

iPodTouchのKeynoteインスタントアルファ

指で塗りつぶしていきます。細かいところは拡大しながらやれば割と出来ました。

スタイラスペンをお持ちの方はペンを使った方がいいです。私はペン先が大きいものを持っているので、猫画像はペンで背景を消しました。

スタイラスペンで背景を塗りつぶしていく様子

今度は背景をグラデーションにしてみました。

鮮やかな空の色・・・って、めっちゃ合成感出てます。(猫のサイズで既に合成感満載ですが)

猫とスカイツリーのコラージュ画像

作れないこともないです。が、猫の耳とかちょっと潰れちゃってますね。

iPhoneの方が画面は大きいから、もう少し作りやすいかな。

あと左下の木の塗りつぶしは端折りましたw

ただ、やはり画面が小さいのでiPadなど大きめのデバイスを使った方が作りやすいし塗りつぶしのチェックもしやすいと感じました。

まとめ

長くなりましたが、意味のないコラージュ画像にお付き合い頂き有難うございました。

Keynoteといえばプレゼンアプリですが、結構なんでも作れるんじゃないか?と思います。

iCloudで同期されるのでiPadで作ってiPhoneで見るというようなこともできて便利です。(私はiPhoneじゃないけど)

Appleデバイスにはデフォルトで装備されているので、活用しないともったいない!

他にも歯列矯正の記録とかKeynoteで作成していますので、そこらへんもまたそのうち紹介してみようと思います。

最近iPadminiとApplePencilを使って何をどこまでやれるか一人研究に勤しんでいるので、また何かあったら書いていこうと思います。(暇人)

Keynote

Keynote
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ