【Apple Payにドコモのdカードを設定】「このカードは使用できません」の原因と解消法

【Apple Payにドコモのdカードを設定】「このカードは使用できません」の原因と解消法 アイキャッチ Digital

iPhoneにしたのでApple Payを使おう!

ということで、先日申し込んだドコモのdカードを早速設定しました!

iDも使えるようになるし、充実したiPhoneライフが送れる~♪とウッキウキの私。

ところが・・・何故か使用できない!ナゼ?

結論から言うとWi-FiをOFFにして設定する必要があることが分かりました。

dカードを設定しても「このカードは使用できません」と表示される方に参考にして頂ければと思います。

※今回の記事は、ドコモ回線をお使いの方向けです!

dカードを設定しても「このカードは使用できません」と表示される

以下、私が踏んだ手順です。

まずはWalletアプリにてdカードを登録

Walletアプリにてdカードを登録しました。

iPhoneではドコモの諸々の設定がモバイル通信をONにする必要があったので、モバイル通信をONにして登録しました。(Wi-Fiは切っていなかった)

iPhone Walletアプリ

+ボタンからdカードを追加しました。

Applepay カード追加ボタン

順調に進み、iDの登録画面になってから・・・

ん?

「このカードは使用できません」という表示

Applepay 「このカードは使用できません」

「このカードは使用できません」このカードを削除して、追加し直してください。

・・・なんですってッ!?

認証を取るためのコールセンターの番号が表示されていたのでTELしたら、「一旦削除して、この電話で一緒に作業を進めていきましょう」ということで、iDの登録まで完了しました。

そしてその後、モバイル通信をOFFにしていました。

また暫くして「このカードは使用できません」と表示

数分後確認してみたら、またしてもこの画面がッ!

Applepay 「このカードは使用できません」

再度コールセンターに電話して聞いてみました。

ちなみにこの時点で、【もしかしてWi-Fiのせいじゃね?】って疑惑を感じたので、「先ほど登録してから、モバイル通信OFFにしてWi-Fiで使用していたのですが、そのせいですか?」と聞いてみたら、「とくにそういう訳ではない」とのこと。

dカードアプリからの設定が簡単

dカードのアプリから設定するとスムーズに行えるとアドバイス頂いたので、Wi-Fiのことは気にせずにdカードアプリから設定しました。

dカードアプリ

 

dカードアプリ
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ

そして無事に設定完了!

とこの時は思っていたのですw

原因はやはりWi-Fi

もう設定できたものと思っていたので、翌日ローソンで使おうとWalletアプリを見たら、見覚えのある画面ッ!

Applepay 「このカードは使用できません」

オイッ!!w

焦ったけど、何気ない顔でdカード本体で決済しましたw

dカードアプリにApple Pay設定時の注意書きがあったので、よくよく確認してみました。

Applepay 認証方法

Wi-Fi環境でのご利用のお客様はお手数ですが、ドコモネットワーク(spモード)に切り替えて設定手続きいただくようお願いします。

ドコモdカードアプリより引用

つまり、ドコモ回線の人はモバイル通信をON、Wi-FiをOFFにしてから設定してね。ということです。

設定が完了してからはWi-Fi環境下でも使えます。

(設定完了後はWi-Fiで使用できるので、コールセンターの方は決して間違っていなかった。)

ということで、再度dカードアプリから設定。

・・・・・・出来たーーーー!(感無量)

設定完了後はメッセージRでお知らせが届く

4回目の設定にしてメッセージRが届きました。←ここで今まで出来ていなかったのねと気づくw

Applepay 設定完了 メッセージR

何故か2通届きましたが(4回も登録してるから2通来てもおかしくはないか)、これで無事に設定できたようです!

結論

ドコモ回線でiPhone(Apple Pay)にdカードを設定する場合

設定時モバイル通信をONにして、Wi-FiをOFFにする!

超重要事項ですね。

遅ればせながらApple Payデビュー

iPhoneがおサイフケータイ化して暫く経過しているワケですがw、これでようやくハイテクの波に乗れそうです。(歓喜

早速ローソンでiDを使って決済してまいりました~~(超歓喜

でも、iPhoneが大きすぎて、決済にモタつくという物理的難点が発生中!

あぁ、そうか、AppleWatchを使えばいいのか・・・!

ハイテクの波にはまだまだ乗り切れていないようですが、なんとかしがみついていこうと思います。