【続・IHでマキネッタ計画】ビアレッティ社製モカエキスプレスの使用に成功!

Lifestyle

さて、前回の続きです。

IHヒーティングプレートがマキネッタより先に届いたので、プレートのレビューをしつつ不安を感じていたワケですが、マキネッタも届きましたので早速珈琲淹れてみました~~!

結論から申し上げますと・・・

直火式マキネッタのIHでの使用、成功ッ!です!(タイトルで分かるw

では、その経緯をご覧くださいませ。

マキネッタはビアレッティ社製モカエキスプレス(2カップ)

前回からマキネッタ、マキネッタ言ってますが、マキネッタとはコレです。

エスプレッソに近い、珈琲抽出器具です。

が、エスプレッソではないので、マキネッタで淹れる珈琲を【モカ】と呼ぶようです。

エスプレッソが9気圧とかで、マキネッタは2気圧とかで、圧が違うらしい。←あやふやで失礼w

こちら、1カップ、2カップ、3カップ~・・・というように容量によってサイズが変わっていくのですが、私が購入したのは2カップです。

ツイッターでどっちがいいか呟いたら、親切な方が1カップだと本当にエスプレッソくらいの量になるので2カップの方がいいとご助言下さったのです。ありがてぇ~~

2カップもなかなかの小ささですので、2カップにして正解でした!

私はコチラで購入↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

直火式 エスプレッソメーカー モカエキスプレス 2cup用 1168(1台)
価格:3351円(税込、送料無料) (2020/2/24時点)

楽天で購入

分解するとパーツはこんな感じになっています。

材質はアルミ(持ち手とつまみは樹脂)です。

基本的に直火式なのですが、猫がいる我が家では火を使いたくないため、どうにかIHで使用したく今回の挑戦になった次第でございます。

それでは、水と珈琲の粉をセットしていきます。

そしてマキネッタを再び組み立てていきます。

IHで珈琲抽出

直でIHに乗せてみる

ここからが心配なワケですが、まずIHにそのままマキネッタを乗せてみました。

結果:×

ピーピー言って1ミリも過熱できませんでした。

底の直径が7㎝でしたので、やはり無理でした。

IHヒーティングプレートの上にマキネッタを乗せる

前回と同様、弱火~強火とやってみましたが、やはりこの画像↓のレベルの超弱火でないとエラーになってしまいました。

IHヒーティングプレートは12㎝を使用。

結果:超弱火なら抽出に成功!

おぉ~~!ヤッターー!やりました!

がしかし、時間がかかりすぎるッ!

ということで、水からとお湯からとやってみました~~

  • 水から抽出→約12分
  • お湯から抽出→約6~7分

水からの約12分w長ッ!expressとは一体・・・w

ちなみにガス火でも4~5分はかかるようですので、IHで6~7分程度なら許容範囲といえば許容範囲でしょうか。

ということで、まずはお湯を沸かします。

これで沸かす分には早いので。

そしてマキネッタにお湯を入れていくとですね。

あ、熱いッw

そう、熱いのでね、火傷注意です。

そして6分を経過したあたりから、ポコポコと音がしてですね。

キターーーーーーーーーーッ!

感動のひと時です。

時間あるときは水から抽出しても良し、早くしたい時はお湯から抽出しても良し。(但し火傷に注意

※ちなみに初回3回は慣らしで、珈琲は捨てて下さいとのこと。

初回、成功の図。(慣らしだから飲めない!勿体ないw

とにかく、IHヒーティングプレート使用で珈琲抽出に成功したので安心しました。

では、飲もうぞ

慣らしも終え、いよいよ飲めるぞ!ということでカップに注いでみると~~

量、こんな量です。少ないですね~~

2カップにして本当に正解でした!

まず、ひと口ブラックで飲んでみました。

濃い!そして美味しい!

これがマキネッタで淹れた珈琲か~~

と、味が分かったところで、ミルクを足してカプチーノにしてみました。

これでようやくガブ飲みできる量にw

お・・・美味しいッ!

うわー、めっちゃ美味しいです!

淹れ方で、全然違うんですね。

つい先日まで茶こしでドリップしてたんで、味の違いにビックリですw

2カップなので、一応2人分の濃さということを心得て、カフェインの摂りすぎに気を付けながら飲んでいこうと思います。

IHヒーティングプレート使用のポイントは【超弱火】

前回も書きましたがIHでマキネッタを使用するには、恐らく【超弱火】がポイントなのではないかと思います。

もしかしたら本当に使えないIHもあるかもしれないので断言はできませんが・・・。

もし、IHヒーティングプレートでエラーになってしまう場合、是非【超弱火】で試してみて頂きたい。

恐らく、高温になってセーフティー機能が作動しているんだと思われ~~(我が家のは多分そう。

IHヒーティングプレートが無駄な買い物に終わることなく、無事に珈琲淹れられて安心する私なのでした。

こちらも火傷注意なので、ノブあった方がいい。絶対。

火傷に怯えながら、命がけで珈琲を淹れる私・・・w