クラッシュしたVAIO復活のためにやったこと

クラッシュしたVAIO復活のためにやったこと Digital

PCの寿命は5年程度と言われていますが、3年程使用してクラッシュしたVAIOを救出しました。

3年で壊れるのも早いけど、5年で買い替えるのもまた早いと思います。

だいたい最初にHDDの不具合が起こると思われるので、自分で交換して末永くPCを使っていきたいですね。

そんなVAIOを再び快適に使えるようになるまでをまとめました!

VAIOの状態は以下の通り。

  • 2011年購入SONY製VAIOノートPC(型番:VPCEA4AFJ)
  • OS:Windows7
  • 画面が青くなったまま(ブルースクリーンと言っていいのか微妙な画面)動かない。
  • データのバックアップ取っていない。
  • リカバリディスクなし。
  • 5~6年放置。
  • エラー診断にてHDDエラーと表記。(私のVAIOにはASSISTボタンがあり、そこからPCの状態を確認できる)

こちらがそのVAIO↓

VAIO_VPCEA4AFJ

壊れた当時どうしたらいいか分からず(笑)放置していましたが、この度救出に成功したのでやったことを書いていきます。

ど素人の女性ですが、一人でできました!

【やったことその1】リカバリ
リカバリとは

PCを出荷状態(購入時の状態)に戻すこと。

まっさらな状態に戻すので、バックアップを取っていないデータは消えてしまいます。

↓青い画面のまま何も表示されず、かろうじてカーソルだけが動く状態のVAIO。

VAIO電源入れても画面が青いままの画像

バックアップを取っていなかったのでリカバリは非常に迷うところですが、こうなったらリカバリするしかありません。

更に残念なことに、リカバリディスクを作成していませんでした。

リカバリは基本的にリカバリディスクというものを使って行います。リカバリディスクは昔のPCには付属していたのですが、いつからか自分で作成する流れになっていて作成しない限り存在しません。

リカバリディスクがない場合はHDD領域からリカバリするという最終手段が残っているので、今回はHDD領域からリカバリしました。この方法はPCによって違うので取扱説明書などでチェックしましょう。

データの救出はできませんでしたが、VAIOが息を吹き返しました!

※リカバリ後は速攻でリカバリディスク作成。これでとりあえず安心です。

【やったことその2】HDD→SSDに換装

リカバリして何とか蘇ったVAIOですが、HDDの故障が原因なのでいつまでもこのまま使い続けるわけにはいきませんし、動きも重たいです。

SSDが爆速とのことなので、HDDからSSDへの換装をしました。

SSD500GBを購入。

SSD500GB

SSD換装するためにはHDDを元にクローンを作成する必要があります。(クリーンイストール時を除く)

私はデュプリケータというクローン作製機器を使って、ボタンひとつでクローンを作成しました。デュプリケータは\3,000~\5,000程度で販売されています。

SSD換装の手順
  1. PCの裏を開け、HDDを取り出す。
  2. HDD→SSDへクローンを作成する。
  3. SSDをPCに入れる。

意するもの

  • SSD(※デュプリケータ使用時はコピー元のHDDより大容量のものが必要)
  • デュプリケータ
  • 精密機械用ドライバー(100均のものでは回らないネジがあったので、しっかりしたドライバーがおすすめ)

と、文字にするとこれだけなのですが、何らかのトラブルに見舞われる事アリなので甘く見てはいけません。笑

私はまずPC裏面のネジが回せず、ちゃんとしたドライバーを買い直しました。

無事HDDを取り出したらクローン作製です。

HDDが320GBでしたのでSSDは500GBのものにしました。

デュプリケータ使用ならSSDをPCに繋いでフォーマットする必要はありません。セットしてボタンを押すだけです。PCにセットした後もBIOSに入る必要ありません。超簡単です。

デュプリケーターでHDDからSSDへクローン作製
エラースキップ機能搭載デュプリケータを使用

写真手前がSSD、奥がHDDです。1時間少しかかりましたが、とにかく簡単に終了。

PCにSSDをセットしてカバーを閉めて、いざ電源をON!

無事電源も入り、爆速のVAIO誕生の瞬間でした。

SSD500GB ですが、クローン化したことでHDDの320GBを受け継いでしまっています。

Windowsメニューのコンピュータ→ディスクの管理からSSDの未割当て領域となっている部分をCドライブに統合しました。

そして不要になったHDDは、外付けHDDとして使えるので不良でなければ再利用しましょう!

【やったことその3】Windows10にアップグレード

復活したもののWindows7のサポートが2020年1月で切れてしまうため、Windows10にアップグレードしました。

アップグレードする前、Windows Updateが出来なくなるという謎の現象に悩まされましたが、作成したリカバリディスクを使いリカバリしたところアップデートできるようになり、Windows10にたどり着くことができました。

何故なのか原因は不明ですが、クローン作製しないでクリーンインストールすればもっとスムーズにできたかもしれません。笑(ここまで書いておいてアレですが・・・)

アップグレード後の方が、PCの立ち上がり時間が10秒程度遅くなりました。これもクリーンインストールしていたらどうなっていたのかな?という感じ。

換装後Cドライブに統合したSSDのパーティションが、Cドライブと正常(回復パーティション)に分割されていたので調べたところ、Windows10にアップグレードすると回復パーティションが作成されるようです。今のところ、あって困るものではないので放置しています。

あとMicrosoft Edgeに接続できない事態にも陥ったのですが、リカバリしたことでプリインストールされていたセキュリティソフトが邪魔していたようです。アンインストールしたら接続できました。

これでようやく始動開始!

復活したVAIOホーム画面
【やったことその4】メモリ増設:2GB→8GB

PCの立ち上げ時間などは速くなったのですが、色々作業してみると少しカクカクした動きでしたのでメモリ増設にも挑戦。差し替えるだけなので、SSD換装よりはるかに簡単です。

まず、自分のPCのメモリがどの規格なのかを確認します。単純にメモリをただ購入しても合わないと使えません。

VAIOの商品ページを確認するとDDR3であること、8GBまで搭載できることが分かったので8GBまで搭載しましょう!と4GB×2枚購入。Windows 32bit版だと4GBまでしか搭載できないので注意!

やみくもに16GBとか搭載できないので、確認してから買いましょう。

メモリ8GB

再度PC裏面のカバーを開けていきます。

VAIO裏面メモリ増設

搭載されていた2GB1枚を抜き出し、スロットが2ケ所あるので下の段から搭載していきます。

取り出すのは簡単なのですが、搭載するのは結構大変でした。が、後には引けないのでどうにか搭載。

コントロールパネル→システムとセキュリティ→システムでメモリ増設できてるか確認!

VAIOメモリ増設成功画面

無事、増設できていました。

割とサクサク動くようになりましたがファンの音が大きいときは少し動きが鈍いので、冷却した方がいいのかもしれません。

古いメモリカードは、また使える時は来るかもしれないので大切に取っておきます。

ベンチマークは・・・

ベンチマーク測定してみたところ、数字的には全然たいしたことありませんでした。

クリスタルディスクマーク

というのも、どうも2011年のPCなのでSATA2っぽいです。

SATA2の場合、270MB/S程度出ていればいい方みたいなので、まぁいいかな。と納得。

PC立ち上げ時間は36~38秒くらいです。立ち上げ15秒とかの超爆速に憧れますが、40秒弱で立ち上がるなら十分です!←強がりw

【まだやれそうなこと】
  • CPU換装:cerelonからcore系にグレードアップ
  • CPUのグリス塗り替え
  • ファンの掃除
  • 冷却シート導入

あと出来ることといったら上記4点程度ですが、最初はやろうと意気込んでいたCPU換装は現状で結構満足してしまったので見送っています。

グリス塗り替えとファンの掃除はした方がいいのですが、裏を開けるというネジ回し作業がどうも苦手で先送りに・・・笑

あまり熱くなるようなら冷却シート導入も検討しようと思います。今は、思っている段階です。笑

まとめ
  • SSD換装とメモリ増設だけでも、かなり速度UP!
  • クローン作製はデュプリケータ使用すると超簡単!だけどWindows Updateができないという不具合があった為、トラブルに見舞われる可能性もアリ。覚悟して臨むべし。
  • ドライバーは握りやすい、ちゃんとしたものを!
  • パーツを購入する際はPCに合う規格・容量を絶対に確認してから購入すること!

SSD換装はトラブルに見舞われる方と、ものすごく簡単に終わる方と分かれるようです。

また、自分でパーツ交換などはメーカー保証の対象外にもなりますので、全て自己責任で行いましょう。

私の場合、既に保証も切れていた&クラッシュしていたので、ダメもとで色々やってみましたがなんとか成功して良かったです。

今も復活したVAIOでブログを書いています。そして購入から8年が経過しますが、せっかく復活を遂げたのでまだまだ大切に使っていきますよ~~!